バイク

【裏技?】冬場エンジンのかかりにくいバイクを簡単にかける方法

2019年2月10日  

2スト旧車の始動性


古いバイクに乗っていると、冬場のエンジンの始動性に問題を抱えている人は多いのではないでしょうか。
自分のメインバイクは89年式のRMX250R。
SではなくRのエンデューロレーサーです。
コンディションは今でもビンビンで、
3速でもアクセルワークだけでウィリーするほどの凶悪さですが、古さは隠せません。
今年2019年で、ちょうど30歳のかなりのご老体。

基本的なメンテはしているのですが、メーカーでも欠品パーツが続々出てきているという感じで、故障してもパーツがなく治せず、ご臨終の時期が近いのではと心配しています。

レーサーなので基本は公道は走れないのですが、
逆輸入者で公認取得済みなので、公道走行も問題ないです。

バイクに詳しい方ならわかってると思いますが、
RMXは2ストでセルモーターなどもなくキック始動。
というか軽量化の為にバッテリーさえ積んでいません。
なんというシンプル機構。

このバイクは、夏でも気合いを入れないでキックするとエンジンがかかりにくい、
超気むずか仕様になっています。

上死点を、きっちり出して、気合いを入れてキックしないと間違いなく一発ではかかりません。
4,5回キックしてかからない場合は、プラグ交換です。
間違いなくかぶっているので。

始動性が悪いのはRだけではなく、国内仕様のSでも似たようなもんらしいですが。

買った当時は、始動に失敗して何本もプラグを被らせてしまったものです。

真冬になると始動性がさらに最悪

 
真冬になって気温が下がると更に大変です。
一発でエンジンがかかるなんて事はほとんど奇跡。
どんなに上死点を探して、力の限りキックしようが無理。

気温が1桁代の時は始動までに30分位かかる事も珍しくなく、
意地になって1時間くらいかけてエンジンかけた事もあります。

もちろんプラグもかぶってくるので、途中プラグ交換したり、
プラグをライターで炙ってみたり、
シリンダーに直接ガソリンを数滴垂らしたりと色々します。

結果、最終的にはエンジン始動するのですが、その頃には真冬なのに汗だくです。

そんな時、ふと思いついて試したのですが、
キャブとエンジンの隙間にウェスを突っ込んで、
ヤカンで沸騰させたお湯を3回くらいウェスにかけてみた所、
一発始動が可能に!
熱湯で暖まったウェスがいい効果を生んだらしい。
よって、キャブ、シリンダー周りを温めるとかかりやすい事が判明。

自分にとっては神品と呼べるアイテムゲット

でも毎回お湯を沸かすのが面倒だったので、下記の物を買って試した所、効果てきめん。
簡易バーナーです。


0度付近の極寒気温の時にもキック一発です。

注意する事と言えば、炙る付近のゴムパーツやビニールパーツを焼かない事と、あまり炙りすぎない事ですね。
自分はキャブのブリーザーホースをほんの少し溶かしてしまいました…。
さらに、あんまり温めすぎると、シリンダーとかに歪みが出て壊れそうで怖い…

自分のやり方は、シリンダーの部分をヘッド付近から胴の部分までと、
キャブのフロート付近を少し炙る感じ。

シリンダー

キャブのフロート

シリンダーヘッド

こんな感じで焙ってます。

コツとしてはやりすぎない事ですかね。
自分はせいぜい1箇所3秒くらい。
一度キャブのフロートを炙りすぎて、
沸騰したフロート内のガソリンがオーバーフローしてきて怖かった…。
引火したら燃えてしまう…。

ちなみに自分はインジェクションのバイクは持っていないので、
インジェクションに有効な手段かは不明です。
そもそもインジェクションのバイクって冬場に始動性が悪くなるとかあるんですかね。

旧車オーナーで、冬場のエンジン始動に困っている人にはぜひおすすめの方法です。

もっと早くに気がつけば良かったと思った裏技(?)です。

-バイク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

旧車の音を楽しむサイト

ハイレゾで旧車のエンジン音が楽しめます   JAFの公式ページで面白い事をやっているのを見つけました。 【JAF Happy BI…

ICONヘルメットのサイズ感とシールド交換

目次1 久々のオンロードヘルメット購入2 価格調査開始3 いったいどのサイズを買えば・・・4 シールド交換という難関が・・・…

凶悪なRMX250R(逆輸入)に乗ってきた感想

目次1 2スト最高2 購入して10年経過 2スト最高   自分は2ストのバイクが大好きです。 古くはNS400からNSR250、 オフロ…

【実録】実際にあおり運転の被害にあったらこうなった

目次1 注目され厳罰化されるあおり運転2 あおられたらこうなった話3 あおった奴はなんと・・・4 あおり運転の定義とは?5 ま…

ついにハーレーから電動バイクが発売

目次1 あのハーレーが電動バイクを発売2 すごいとは思うが、寂しさも・・・ あのハーレーが電動バイクを発売   2019年8…