バイク

ICONヘルメットのサイズ感とシールド交換

久々のオンロードヘルメット購入

 
自分はオフロードバイクを2台(RMX250RとCR125)持っており、
当然ヘルメットはオフロードタイプなのですが、
今年は原付2種のオンロードバイク購入を考えていて、ヘルメットは何にするか検討中だった所・・・

きました。
ガツンとくるデザインのヘルメットが。

「ICONのAIRFLITE GOOD FORTUNE HELMET」

ICONらしいド派手なデザイン(一説には下品ともいう)
しかもヘルメットのデザインにあまり見られない漢字のデザイン。
漢字で「福」です。
中国風です。
台湾、中国など中華圏大好きな自分にとっては最高のデザイン。
外国のサイトでは「CHINESE BLUE GOLD DRAGON」と表記しているサイトもありますね。
福の漢字が逆さまであれば、さらに中国っぽさが増しますが。
デザイン的には今の方がいいかも。

しかしICONはど派手なデザインが多くて自分好みです。
AraiやSHOEIではこんなデザインは絶対にないでしょう。

価格調査開始

 

もう買う気満々で価格を調べると・・・・
45000円位します・・・・
高い・・・・高すぎる。
高性能ヘルメットでは普通の価格帯ではあるのですが・・・

やはりいつものやつを使うか・・・
と、年に1回位利用しているBTO SPORTSで買おうと思ってました。
310$だったので送料、関税入れても日本で買うより全然安い。

しかし同様の海外の大手バイク用品通販サイトのFC-MOTOを調べるとさらに安い。
しかも初回はクーポンももらえてさらに安くなる。
今回はFC-MOTOで買おうと決めましたが、FC-MOTOは初体験なんですよね・・。
ちょっと不安。
しかし大手だし、実店舗もあるようだし、良い評判も多数だったので
FC-MOTOでポチる事に決めました。

ちなみにBTO SPORTSで買う場合のお得な技があるのですが、
買おうと思った商品をカートに入れっぱなしで数日放置しておくと、
BTO SPORTSから10%割引クーポンメールが届きます。
数日で来る場合もありますし、1週間位かかる場合もありますが、
クーポンメールが来なかった事はないので、絶対カート寝かしはお勧めです。 

いったいどのサイズを買えば・・・

 
話がそれました。
問題はICONヘルメットのサイズです。
外国メーカーのヘルメットの場合、メーカーによってだいぶサイズ感が違います。
自分の場合、Arai、SHOEIだとLサイズ一択です。
Mサイズでも入らない事はないですが、長時間は頭痛がしそうなほどきつい。

で、ICONだとどのサイズを選ぶべきか・・・。
そういう時は、メリケンオンラインのヘルメットのフィット感のページがいいです。
外国メーカーのヘルメットのフィット感が詳細に記載されています。

ところが・・・
ICON AIRFLITEシリーズはまだフィット感レビューがない・・・。

他のシリーズのICONヘルメットのフィット感を見ると、
ICONのヘルメットは総じて小さめのサイズ感らしい。
自分の場合、XLがいいようです。
XLなんて買った事ないんですけど・・・
ONEALのヘルメットも持ってますが、Lでぴったりだったのに。
別シリーズの所感だけなので、不安がよぎりますが仕方ないです。
ここはバクチですね。
まあ恐らく大丈夫でしょう。

配送などは何の問題もなく1週間程度で到着。
ドイツから(FC MOTOはドイツのお店です)はるばる届きました。

さっそくかぶってみます。
ガバガバだったらどうしようと、若干ドキドキ。

写真をアップした所でフィット感はわかりませんよね。
XLでビンゴでした。
というか、XLでもちょっときつめ。
内装がやれてくればいい感じになりそうです。
Lなんて買ってたら頭が入らなかった可能性も。

でもこのインナーシールド・・・
必要でしょうかね。
眩しいときとかいいのでしょうか。
ちなみに自分は眼鏡ライダーですが、インナーシールドも干渉なく問題なしです。

シールド交換という難関が・・・

 

ヘルメットと同時にメタリックカラーのシールドも購入したので、
早速シールド交換です。
説明書には「シールドカバーを横に引っ張る」、と書いてありますので、
その通りにします。

しかし・・・・

外れない・・・・

ほんとに固い。
指にシールドカバーの跡がつくほど強く引っ張るが外れない・・・
というか、ほんとに力任せに引っ張ったら折れるのでは?と思うほど外れない。
ここは一気にいくしかないのか・・・。
そこまで情弱ではないのでYOUTUBEで外国人のヘルメットレビューを探し、
シールド交換してる場面を発見。
かるーく外れてるんですけど。

しかしながら引っ張り方に問題があるわけではなく、
新品でアタリが出ていないから固い事が判明。
冗談抜きで指から血が出るんじゃないかって位の力で引っ張ったら外れました。

非常に単純な作りでした。
ただプラの出っ張りを穴に引っ掛けているだけです。
まだ新品だったからここまで固かったのでしょう。
シールドの外し方は、見ればわかるという位簡単です。
溝に合わせて引き抜くだけでした。

まだオンロードバイクがないので実際に使用していませんが、
クールなメットを安く手に入れテンション上がります。

-バイク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

凶悪なRMX250R(逆輸入)に乗ってきた感想

目次1 2スト最高2 購入して10年経過 2スト最高   自分は2ストのバイクが大好きです。 古くはNS400からNSR250、 オフロ…

【裏技?】冬場エンジンのかかりにくいバイクを簡単にかける方法

目次1 2スト旧車の始動性2 真冬になると始動性がさらに最悪3 自分にとっては神品と呼べるアイテムゲット 2スト旧車の始動性 …

【実録】実際にあおり運転の被害にあったらこうなった

目次1 注目され厳罰化されるあおり運転2 あおられたらこうなった話3 あおった奴はなんと・・・4 あおり運転の定義とは?5 ま…

ついにハーレーから電動バイクが発売

目次1 あのハーレーが電動バイクを発売2 すごいとは思うが、寂しさも・・・ あのハーレーが電動バイクを発売   2019年8…

旧車の音を楽しむサイト

ハイレゾで旧車のエンジン音が楽しめます   JAFの公式ページで面白い事をやっているのを見つけました。 【JAF Happy BI…