Tool

VideoPad4.5で動画にモザイクをかける方法

 

旅行中に撮影した動画をYoutubeなどに公開しようと思った時、
顔などにモザイクをかけたいと思った事があると思います。
自分はVideoPad4.5を使用しているのですが、
VideoPad4.5でモザイクのかけ方を詳しく説明しているページがなくて
非常に困りました。

結局自分で色々いじくり回してなんとかモザイクのかけ方がわかったので、
備忘的な意味も含め説明致します。

モザイクしたい範囲を選択する

まずモザイクをかけたい動画を読み込ませます。
ここは説明不要ですね。
VideoPadにドラッグ&ドロップするだけですし。

次にモザイクをかけたいシーンの最初と最後の部分をカットします。
そうしないと動画の最初から最後までモザイクが出っ放しになります。
それでいい場合はカットの必要はないです。

スライダーでモザイクをかけたい最初と最後にそれぞれ合わせ、
下記図の赤部のボタンを押してカットします


 

次にカットした動画部の[FX]ボタンをクリックします。
下記図は[FX]ボタンが小さくて赤い印しがわかりずらいです。
[FX]ボタンを押すと下記図のようにエフェクトの子ウィンドウが開きます。
エフェクトの子ウィンドウの上部のボタンの左から2番目のボタンを押して
マスクを追加します


 

マスクを追加するボタンを押すと選択範囲が表示されますので、
モザイクをかけたい範囲を選択するように位置を調整します。
四隅の点をクリックすると位置をずらせます。
範囲選択ができたらエフェクトの子ウィンドウにある、上から2番目の
折れ線グラフのようなボタンを押します。
するとエフェクトの子ウィンドウが展開されます。


 

モザイクを現在の選択部分から動かさないでいい場合は、
「選択範囲にモザイクをかける」の手順に進んでください。
モザイクを動かす場合は、下記の赤部のように
選択範囲の4隅の点がすべて入るように、マウスで囲みます。
白い点線で囲まれているのがわかると思います。
(左クリックしながら白い枠線を広げる感じ)
自分はここで一番悩みました。


 

次にエフェクトウィンドウの上側の赤部の+ボタンを押します。
すると下側の左端の点が追加されます。


 

次に動画を進めるスライダーを少し動かし動画を進めます(下図1)。
モザイクを入れたい対象部がずれたら、選択範囲をずらします(下図2)。
選択範囲をずらしたらエフェクトの子ウィンドウの+ボタンを押し、
下図4のポイントが一つ追加されます。
さらにスライダーを少し動かし動画を進め、上記の作業を繰り返します。


 

選択範囲にモザイクをかける

 

エフェクトの子ウィンドウの上部左端の+ボタンを押します。
マスク追加時とは別の+ボタンなので注意してください。
エフェクトの一覧が表示されるので、「モザイク」を探し選択します。


 

エフェクトの子ウィンドウに「モザイク」という項目が追加されます。
モザイク部のサイズはデフォルトが5になっています。
画面を見ながら好みの粗さに調整します。
「ポリゴンマスク」のフェザー処理の値は最大の1.00にしておくと、
モザイクと背景の境目が滑らかで見栄えがいいです。


 

これでVideoPad4.5を使ったモザイクのかけ方は完了です。
動画の保存方法などはわかっていると思いますので省略します。

-Tool


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした