台湾一周ツーリング 旅日記

台湾一周バイクツーリング【26日目:9月19日】

2017年12月21日  

 

明後日が帰国日

 

明後日の21日に帰国だ。
これまで何度も帰国日が変わってきているが、今回は変更なし。
いよいよ本当に帰国だ。
この旅ももう消化試合のような感じになってしまった。

所でこのホテル、今回の旅中で一番汚い。
窓がない。カビ臭い。部屋ボロボロ。
窓がないのと、ボロボロなのは我慢できるが、カビ臭いのには参った。
一晩位ならいいが、明後日までここに泊まるのは正直辛い。

以前旅行案内所でもらった「台北ホテル地図」でY氏と検討する。
紫園飯店が近いしいい感じ。
もちろんここより値段は高いが、最後だしちょっと今までより高い所もいいだろう。
朝、散歩がてらホテルに聞きに行ってみた。
空き室ありでツインで1690元(約4500円)値引き交渉するが、老板(オーナー)ではないから決定権がないと言われる。
値引きがなくてもまあいいか。
後で荷物持ってくる事を告げ、部屋を確保する。
すぐ金龍大旅館をチェックアウトし引越し開始。
ここはフロントのおばちゃんは親切なのだが。
紫園飯店までは徒歩5分なのですぐ到着。
15時からチェックイン可能との事で、フロントの横に荷物を置かせてもらう。
15時に再度ここに集合する事で、Y氏と別れ別行動とする。
Y氏は百歩蛇(台湾最強の毒蛇)を見たいとの事で動物園へ。
自分は台湾の原宿(?)西門に行ってみる。

家楽福へ

 
スーパーが好きな自分はまず西門のカルフールに行ってみる。
中国語表記では「家楽福」
西門駅から結構な距離を歩いた。
さすがカルフール。
バイクも売っている。
中国でもカルフールによく行っていたが、万引き対策のためか、かばんを持って店内に入れなかった。
コインロッカーに荷物を預けてからの入店だった。
台湾店では・・・どうだろう。
買ったお土産を入れるの為、トートバッグを持っているのだが。
かばんを預ける事もなく普通に入れた。
しかし2Fのフロアに入る時、店員のお姉さんに呼び止められ、カバンはダメだと言われる。
じゃあどうするの?と言うと、ここに置いて、とフロアの隅に置くよう指示。
まじでこんな所に?と思ったが仕方ない。
ベタだがパイナップルケーキなど土産になりそうな物を買う。
カルフールは品揃えが豊富なので面白い。
結構長居してしまう。
フロアから出る時に、カバン回収。
さっきのお姉さんがカバンを見ていてくれたようだ。

カルフールを出て西門へ向かう。
西門はまさに台湾の渋谷、原宿だった。
洋服屋が多い。
しかしまだ開いてない店が多い。
さすが台湾、朝が遅い。
もう11時近いのに。
11時前は、ほとんど開店していない。


どこも開店前で閑散とした西門

行きたかった万年商業ビルは、月曜はなんと14時開店。
まだ午前中なので、とても14時まで待てない。
台北駅に戻ろう。
西門駅から台北駅まで2km位ブラブラと歩く。

途中の気に入ったお店。
台北駅のそばの重慶南路一段にある「塾脚石書局」。
品揃え豊富で、本だけでなく文房具や雑貨などもたくさん。
2Fには漫画コーナーとなっており、漫画も品揃えがすごい。



めちゃめちゃうまい胡椒餅

 
同じく重慶南路一段。本屋のそばにある福州世租胡椒餅。
たまたま通りかかって、お腹がすいていたので買ってみた。
後で調べた所、饒河街観光夜市にも店があり、行列の店だそうだ。
餅があまり好きではないので台北でよく胡椒餅の看板を見かけていたが、食べる気はなかった。
しかし食べてみて・・・超うまい。
全然餅じゃないくパンですね。
固く焼いたパン生地の中に、肉まんの具がめいっぱい詰まった感じ。
以後台湾に来る度に食べる事になる。
ちなみに以後何か所かで胡椒餅を食べたが、この店が一番うまい。


CDショップや、電脳ショップなどウロウロして楽しんだ。
台湾にいると、時々日本にいるような錯覚を起こす。
日本と同じお店はたくさんあるし、町並みも似ている。
街に流れている音楽も、日本の曲がたくさん流れている。
AKBのフライングゲットなんて台北で何度聞いたかわからない位。
店員の中国語を聞いて、「あ、日本じゃなかった」と思い出す事が何度もあった。

台湾某所にやばい店発見。
台湾には珍しく豊富な海賊版。
最新の日本のドラマが売ってる。
BOX(全話)で100元~400元。
さらに店の中に入ると・・・そこはアダルトビデオ(DVD)の巣窟だった、
女優ごとのジャンル分けや、新作コーナー、ランキングコーナーとTSUTAYAのアダルトコーナーも真っ青な品揃え。
1枚50元(約130円)。しかも枚数買うと1枚あたりの単価が下がる。
ちなみに無修正物はなかった。
結構きちんとしたビル内にあったので驚いた。
後日談となるが2年後に来たら、この店は消滅していた。

今さらなのだが、台湾スクーターねたを。
台湾のスクーターは新しい型のものは、ガソリン給油口が変わった場所にある。
通常鍵のある位置の逆サイド側(左側)にある。
日本のスクーターはほとんどが後部やシート下などに給油口があるが、台湾のスクーターの多くは、前述の位置にある。
日本のスクーターではあまり見られないデザインだ。
おそらく少しでも早くガソリンを入れる為のデザインなんだろう。

最後のお宿は最高

 
そろそろホテルのチェックイン可能時間の15時になるのでホテルに向かう。
紫園飯店。
中山地下街のR4出口のすぐそばなのでアクセス最高。
Y氏が到着していなかったので先にチェックインをすます。
オーナーと思われるお姉さんがツインで1500元と言う。
さっきの値段より安くなった。
2泊をお願いし3000元。
さすが1500元のお部屋。
かなり綺麗。
1泊1人約2000円ならお得だ。
有料だが洗濯機、乾燥機も完備なので長期滞在も安心。
しかもオーナー(と思われる)のお姉さんの愛想よすぎ。
次に台北来た時も使いたい、と思わせるほどの対応だった。


Y氏もまもなくホテルに来たので、動物園の成果を聞く。
爬虫類館が休館日で百歩蛇は見られなかったとの事。
百歩蛇とは噛まれたら百歩歩くうちに死ぬというほど猛毒。
墾丁付近にいるらしい。
ちなみに中国にも同じ蛇がいるが、五歩蛇と言うらしい。
同じ蛇なのに、20倍も強力になっている。
二人で士林夜市に土産購入と夕飯を食べに行く。
友人の土産にTシャツや、パイナップルケーキなども買った。
まだ17時なので人もそれほど多くない。
変な日本語メニューの店で担仔麺(タンザイメン)を食べる。


担仔麺は難しい漢字で書かれていて、発見するのに時間がかかった。
これまで食べる機会がなかったが、塩味のスープであっさりしてうまかった。
初日に台湾の友人に連れて来てもらった巨大チキン屋、豪大大鶏排(ハオダーダージーパイ)は常に大行列だった。
士林夜市は18時を過ぎると平日でも人出が激増する。
ゆっくり食べたい見たい場合は、17時前がお勧め。

腹も膨れたので、お勧めの龍山寺へY氏を案内する。
夜の龍山寺はどんなだろう。
夜のお寺は荘厳な雰囲気だった。

しかし昼間に路上で酒を飲んでいた老人達が一人もいない。
全然危ない雰囲気なし。
ちょっと肩透かしでつまらない。
剥皮寮にY氏を案内するが、すでに閉館。
まだ18:30なのに。
仕方なく駅の方に戻ると、駅のそばの屋根のあるエリアに彼らはいた。
昼間路上にたむろしていた、やばげな老人達が。
カメラ向けるのがちょっとやばそうな雰囲気だったので、IPHONEをいじってるふりして撮影。
相当な数の老人達が酒を飲んでだべっている。
この人達はいったい何者なのか。
引退したヤクザか、ホームレスなのか。
その両方がいそうな感じだが。
ここは女性の一人歩きは結構やばそうな雰囲気ですのでご注意を。


わかりづらいがかなり危険な雰囲気

台湾では、女性の下着がこんな風に路上に全開で売られている事が多い。

日本ではここまでおおっぴらに感じで売られているのを見た事がない。
オープンなお国柄なのだろう。

現在19時。Y氏はホテルに戻ると言うので、自分は一人で再度西門へ行く。
昼間まだ開店していなかった万年商業ビルを目指す。
西門は龍山寺の隣の駅なので近い。
お宅系ビルと聞いていたが、フィギュア、プラモ系が多かった。
自分はどちらもあまり興味なし。

しかしビルの最上階にゲーセンを見つけた。
予想外に最新機種多し。
代幣(メダル)が10元で2枚。
4枚の機種が殆んどなので一回20元(当時レートで約50円)
安いので結構やってしまう。
ここにあるのは、ほぼ日本のゲームだった。
驚いたのが体感型のバイクゲームなのだが、見た事ないな、と思って帰国してから調べたら、台湾オリジナルゲームだった。
「Speed Rider2 極速摩托2」というゲームだった。
バイク乗りなのでもちろんやってみた。
意外に面白いゲームだった。

せっかく西門に来ているので、噂のAKBの台北オフィシャルショップに行ってみる。
しかし、ショップのあるビルが日本で言えば109って感じのビルで、
ショップ内の店のほとんどがが女性向けショップ。
下着、化粧品、靴、洋服などなど。
おっさん一人でこのビルに入る事自体が難易度が高い。
しかし頑張って3Fのショップまで行ってみた。
想像より小さい店だった。
長居はする事なく撤収。
とりあえず来ただけで満足した。

その後再度カルフールに行き、スイカ、マンゴー、スターフルーツ、聖女果(プチトマト)を買う。
そこからホテルまで2キロ位歩いた。
スイカが重かった。
ホテル隣のジュース屋で、初スイカジュース。
スイカのジュースなんて水っぽくてまずいだろうと思っていたが、試しに飲んでみたら、めちゃめちゃうまかった。
氷の粒(?)も入っていてシャリシャリしてうまい。


 

台湾一周バイクツーリング【27日目:9月20日】へ続く

-台湾一周ツーリング, 旅日記


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

台湾一周バイクツーリング【1日目:8月25日】

  いよいよ出発日。ロングツーリングも海外旅行も久しぶりなのでテンション上がる。 尚、本紀行文は2011年の物なので、…

台湾一周バイクツーリング【7日目:8月31日】

  目次1 天気は悪いが宿は極上2 思い入れのある恒春 天気は悪いが宿は極上 空はどんよりと曇り、小雨がぱらつく。 台風…

台湾一周バイクツーリング【12日目:9月5日】

  目次1 キャンプ場出発2 台湾初電車3 南澳駅前でまったり4 台湾一うまいワンタン屋? キャンプ場出発 旅12日目。 つい…

台湾一周バイクツーリング【24日目:9月17日】

    緑島二日目   どうでもいい話ではあるが、緑島ではTVのチャンネルが台湾本土よりかなり少ない。 本土は1…

台湾一周バイクツーリング【20日目:9月13日】

    目次1 歌声での目覚め2 Youは何しに澎湖へ?3 待望のビーチ発見!4 さよなら澎湖 歌声での目覚め   朝、…

台湾一周バイクツーリング【14日目:9月7日】

  目次1 2週間経過2 ワイルドな台湾の野渓温泉「文山温泉」3 朝飯に誘われる4 恐怖の清水断崖付近ロード5 宜蘭到着 2週…

台湾一周バイクツーリング【13日目:9月6日】

  目次1 台湾国道最高地点へ2 ロングロングワイディングロード3 噂通りのものすごい急坂4 ようやく台湾国道最高地点到…

台湾一周バイクツーリング【4日目:8月28日】

  目次1 台風接近!2 烏龍麺とはどんな麺?3 激うま、上海好味道小籠湯包 台風接近! やばいです。台風接近中だそうで…