Gadget Goods・Gadget・Tool

旭精工のコインセレクター720-A/Bを入手しました。

2020年5月8日  

中国製ノーブランドのコインセレクターを購入し、
RetroPieで動作し、一先ず満足したのですが、どうにも安っぽい。
前面パネルがプラスチックなのがちょっと・・・。
写真ではそれほど安っぽく感じないのですが。

100円硬貨以外の任意のコインで使えるというメリットはあるのですが、
実際のアーケードゲーム筐体に使われているコインセレクターが欲しくなってしまいました。

調べると、旭精工という会社の物がメジャー所のようです。

さすがに新品は結構なお値段がするようなので、
ヤフオクで中古品を手に入れちゃいました。
720A/Bという現在は生産終了しているタイプ。
落札価格1500円でしたが、到着してビックリ。
ほとんど新品同様です。
多少は汚れくすみもあったので、プラスチッククリーナで磨きまくったらピカピカになりました。

端子にハンダ付けが残っていたので、
使い方も簡単そう。
COINとNO間で線を取り出す模様。
完全機械式なので電源も不要のようです。
画像では見にくいですが、配線が残っている端子が、COINとNO端子です。
残り一つの端子の使い道は良くわかりません。

テスターで上記端子間の導通をチェックしてみます。
予想どおり100円を投入すると導通します。

中国製ノーブランドのコインセレクターの時と同じように、コントローラーのセレクトボタンの端子に相乗りさせるとRetroPieでも使えました。

-Gadget, Goods・Gadget・Tool


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

RetroPie4.5.1に起動時のSplashscreenを入れる方法

  下記の記事でラズベリーパイ4にRetroPie4.5.1をインストールしましたが、 ラズベリーパイ4には正式対応していない為…

RetroPie4.5のscraper設定で苦労する

  目次1 scraperでプレビュー動画を設定しよう2 SCRAPERの設定3 もう一つのSCRAPER(skyscraper)の実行方法4 SCRAPER後…

このブログの記事が紹介されました!

目次1 自分の書いた記事が・・2 紹介されました 自分の書いた記事が・・   表題のままなのですが、このブログの記事が…

RetroPie4.6がリリース。RaspberryPi4に正式に対応しました。

  RetroPie4.6がリリースされました。 ついにRaspberryPi4に正式に対応です。 RetroPie 4.6 released with Raspberry P…

エミュレータランチャーCoinOps導入

目次1 CoinOpsとは2 CoinOps導入基本3 エミュレータの追加3.1 フォルダ構成 CoinOpsとは CoinOpsとは数あるPC用のエミュレー…

3MダイノックシートをMDFに貼ってみた

  現在アーケード筐体(テーブル筐体)を製作中で、MDFにダイノックシートを貼ってみました。 ダイノックシートは壁紙な…

中国製の怪しいエミュレータ機を買ってみた。2台目

目次1 中国製エミュレータ2台目購入2 所感3 romの追加方法は・・ 中国製エミュレータ2台目購入 ついこの前に、買ったばかり…

GPD Pocket2開梱レビュー

目次1 3週間で到着したGPD Pocket22 肝心の使用感など 3週間で到着したGPD Pocket2   GeekBuyingより、購入から3週間も…