Gadget Goods・Gadget・Tool

中国製ノーブランド コインセレクターをRetroPieで使うには

RetroPieでコインセレクターを使って、RetroPieをゲームセンター筐体化をしようと思ってます。
アメリカなどではArcade Cabinetなどで検索すると山のように筐体を自作している人がいるのですが、
日本ではごくわずか・・。
住宅事情のせいでもあるんでしょうけど。

以前作成したガラステーブルに無理矢理モニタを置いた、なんちゃって筐体からバージョンアップしようと思っています。

Amazonでも取り扱いの多い、コイン返却がボタン形式の方は自分のイメージではない…
やはり返却ボタンはレバーがいいのです。

で、購入したのがトップ画像の物です。

説明書も何もついていませんでした。
添付品はコネクター線と、取り付けネジのみ。
全面パネルはプラスチックのメッキ…
ちょっと安っぽい感じなのが残念。

使い方が全然わからず、
ネットを探しましたが、日本語での情報はほとんど見つからず。
英語のサイトでも、ほとんどが返却押しボタンタイプの方の情報ばかり。
押しボタンタイプの方が高機能なので、
ほとんどの人がそっちを使っているようです。

このタイプのコインセレクターの情報がほんとになくて、見つけるのが大変でした。
結構な時間をかけてようやく使い方が見えてきました。
使用する硬貨をコインセレクターにはめ込んで、それと同じ大きさ厚みの物を通過させるようです。

電源周りや、信号線のしくみは返却押しボタン式の物と同じようです。

+12VとGNDに12Vを取り出せるACアダプタを接続。
これもAmazonで購入。
電圧をかけた状態でコインが通過すると、
COINとCOUNTER間が導通するようです。

なのでCOINとCOUNTERから取り出した線を、RetroPieでコイン投入ボタンになっているセレクトボタンの端子に接続すると・・・。

コインを入れるとセレクトボタンを押した時と同じ動作をしました。
当たり前ですが、セレクトボタンも使えます。
ゲーセン筐体っぽくて最高です。

文章にするとさらっとしてますが、
ここまで来るのに丸一日かかりました笑

-Gadget, Goods・Gadget・Tool


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

RetroPie4.5のscraper設定で苦労する

  目次1 scraperでプレビュー動画を設定しよう2 SCRAPERの設定3 もう一つのSCRAPER(skyscraper)の実行方法4 SCRAPER後…

このブログの記事が紹介されました!

目次1 自分の書いた記事が・・2 紹介されました 自分の書いた記事が・・   表題のままなのですが、このブログの記事が…

中国製の怪しいエミュレータ機を買ってみた

目次1 PocketGoをAMAZONで購入2 想像よりはるかに小さい3 romの追加方法4 総評 PocketGoをAMAZONで購入 Pocket Go(海外ではB…

RetroPie4.5.1に起動時のSplashscreenを入れる方法

  下記の記事でラズベリーパイ4にRetroPie4.5.1をインストールしましたが、 ラズベリーパイ4には正式対応していない為…

3MダイノックシートをMDFに貼ってみた

  現在アーケード筐体(テーブル筐体)を製作中で、MDFにダイノックシートを貼ってみました。 ダイノックシートは壁紙な…

RetroPieのゲーム名、説明文などの日本語化

  RetroPieの小ネタ(超簡単) デフォルトのままだとゲーム名やゲーム説明文などは日本語だと文字化けします。 ラズパイ…

RetroPieにシャットダウンボタンを実装する

  Raspberry Pi RetroPie Shutdown Button 超簡単   STARTボタンからシャットダウンするより、ボタンでシャット…

RetroPieでスクリーンショットを撮る設定

  RetroPieの小ネタ(超簡単) スクリーンショットを取る為の設定です。 ゲーム中でもコマンドラインの状態でも取得でき…