台湾一周ツーリング 旅日記

台湾一周バイクツーリング【13日目:9月6日】

2017年11月22日  

 

台湾国道最高地点へ

 
本日は二子山温泉ほどではないが、その次位に楽しみにしていた台湾国道最高地点へ行く。
なんと3275mをバイクで走る事ができる。
正確には国道ではなく省道。
台湾省?
バイクのナンバーにも台湾省と書かれたものがあるが歴史的経緯はよく知らない。
当たり前だが3000m越えをバイクで走るのは初めてだ。
富士山八合目をバイクで走るようなものだ。
恐らく、というか確実に相当寒いと思われる。

高い割にはいまいちだったホテルを後にする。
朝8時 セブンイレブンで防寒の為、かっぱと新聞紙を買う。
新聞紙を体に巻くとかなりあったかい。
古くから伝わるバイク乗りの知恵である。


太魯閣(タロコ)渓谷に入ると観光バスが増えてきた。
地図では、そんなにあるようには見えないのだが、距離表示のページを見ると、太魯閣入り口から国道最高点までは100km近くあるらしい。
太魯閣入り口でガソリンを入れておく。

国道最高地点の武嶺は14甲号線をさらに10km位進んだ所にある。
太魯閣渓谷はそんなに期待していた所ではないが、思っていたより絶景で驚いた。
狭い道を観光バスも走るので結構危ないかも。
ここは台湾では少ないワインディング地帯。
しばらく進むとなんと通行止めで進めない。
近くにいた工事の人(?)に聞いてみると10時になれば通れるとの事。

現在9:30。仕方ないのでちょっと下った所にある天祥という所のパーキングで10時まで休憩。そこで台湾ソーセージを買う。
うまし。

10時になったので出発する。
ここ天祥で高度395m。
海岸線から天祥までは約20kmなので、かなりゆるやかに登ってきた。
ここからはじょじょに勾配もきつくなってくると思われる。

ロングロングワイディングロード

 
太魯閣入り口からここまでは比較的ゆるい高速コーナーだが、ここからは中低速コーナーになってくる。
椿ライン以上箱根スカイライン未満っという感じ。
関東圏の人にしかわからない表現でごめんなさい。
道は狭いが車もほとんど通っていないので快適に走る。
しかし、こんな道をたまにだが大型トラックも走っている。
この道は西側の台中に抜ける事ができる為、長距離トラックなどにも使われているようだ。
運転手さんは大変だ。
トラックにつまった場合は視界のいい所で追い越しする。
どこかのブログの情報で、急坂でスピードが全然出ないと見ていたので拍子抜け。
上り坂ではあるが、このバイクで80km/h以上は出る。
気分はまさに「あいつとララバイ」(スクーターだし古いし)
たまにコーナーで擦る気もないのにスタンドを擦ってしまう。
スクーターなのでバンク角が少ない。
ザックを背負ってるのでほどほどにしないと危ない。
天祥から約30分で高度1644mへ到達。
1200mも高度があがった。

さらに約30分走行で1995m。
ここら辺でだいぶ寒くなってきた。
防寒の為、カッパと新聞紙装着。

途中の路上でプロトレックの計測で2305m。
この時点で走ってると耐えられない位寒い。
さらに今朝買ったコンビニ合羽と、この日の為だけに持ってきたウィンドブレーカーを重ねて着る。
台湾のコンビニ合羽は、まるでゴミ袋に穴を開けた感じの作りで面白い。止まってると日差しのため暑いが、走ると寒い。
ワインディング好きな自分も嫌になる位にワインディングが続く。
ワインディングは緊張感を常に維持してる必要があるし、正直疲れる。

噂通りのものすごい急坂

 
ここまでたいした事ないと思っていた上り坂が、14甲号線に入った所で状況は一変。
ウィリーしてるんじゃないか、と思うほどの急な上り坂になる。
アクセル全開で30km/h出ればいい方で、ちょっと気を緩めると20km/h以下になる。ブログは正しかったのね・・・
ほんとにものすごい急坂で、停車して写真を撮ろうとするが、ブレーキをかけていてもバイクがずり落ちていく。
勾配が急すぎてタイヤがすべっていってしまうので、足でふんばりつつ写真を撮る。


写真ではたいした事ない勾配だが実際はすごい急坂

最高点の武嶺展望台まで後10km位なのだが、スピードが全然出ないので、なかなかたどり着かない。
しかもずっとアクセル全開なので、バイクのエンジンも心配になってくる。

合歓山3158mを通過。後少しで武嶺展望台だ。
近くに松雪樓という台湾で最も高い場所にあるホテルがある。
3000m超えのホテルってすごい。
従業員は住み込みなのか?


ようやく台湾国道最高地点到着!

 
ついに武嶺展望台到着!台湾国道(省道)最高地点だ。
展望台には大勢の人がいた。
チャリンコでここまで来る人も結構いて驚いた。
さすが自転車大国。



展望台は、かなりの寒さだった。
また写真を見てわかる通りすごい霧。
ここまで天祥の駐車場から約3時間。
距離にして約90km。
90kmずっとワインディングとか日本ではありえない距離だ。
寒さと疲労と、空気の薄さで頭痛がする。
ほんの少し歩くだけで息が切れる。さすが3000m超え。

目的は達成したので、早々に引き返す事に。
バイク乗りとしては、来た道を引き返すというのはあまりやりたくないのだが、このまま進んでも台中に行ってしまう。
心配していたガソリンもまだ大丈夫だった。
1/3は残っている。
Y氏のバイクは自分のバイクよりガソリンタンクが少し小さいのだが、ずっと下りだし、最悪ガス欠になってもなんとか惰性で下りられそうだ。
超急坂の14甲号線を下りきった所の食堂で遅いお昼を食べる。
ツーリング中にお昼を食べるのはかなりまれだ。
バイクに長時間乗っていると振動で食欲が落ちる。


Y氏はワンタン麺、自分は肉粽(ロウゾン:台湾ちまき)を食べる。
どんぶりには日本語で「おいしい」と書いてある。
その通りおいしかった。
ワンタン麺のワンタンは昨日食べた”台湾一”のワンタンよりおいしかった。

本日はキャンプに決定

 
この後、8号→7甲→7号と進み、宜蘭にある野渓温泉”梵梵温泉”に行くか、来た道を完全に引き返し、海沿いを走るかを二人で検討。
梵梵温泉に行くとしても、ここからまた80km位ワインディングを走らなければならない。
既に15時近いので、今から80kmのワインディングはきつい。
しかも天祥のそばにある川にある温泉、「文山温泉」に入るどころか見てすらいないので、とりあえず今日は行きに途中で見た天祥のそばの「合流キャンプ場」に泊まる事にする。
文山温泉は明日の朝一で行こう。
来た道を下っていく。

下りは上りよりもペースがかなり早く、行きは天祥から3時間もかかったのに、下りは2時間で着いた。
2、3回オーバーペースでコーナーに突っ込みそうになり、ハードラックとダンスっちまう所だった。

天祥のパーキングから3キロ位で合流キャンプ場着。
合流キャンプ場はなかなかのキャンプ場だった。
シャワーが冷水のみなのが辛いが・・
キャンプ場のおばさんにキャンプしたい事を告げると、台湾のキャンプ場にほぼある例の木の台1つごとの料金との事で、二人で一つの台を使う事にして、台1つの料金(200元(約500円))泊まれた。

台湾人のテントは、だいたい超大型なので、台いっぱいに張る感じになるが、我々のテントは超小型。
ちなみに本日は自分達以外に若者グループと老夫婦の二組のキャンパーがいた。
若者グループは墾丁で見た時と同じように、でかいガスボンベとノートパソコン。
これが台湾の流行りのアウトドアスタイルなのかも。

18時近くなり、薄暗くなってきた。
天祥の駐車場の所に売店と食堂があるので、買出しへ。
Y氏のバイクは既にガソリンがギリギリなので、自分のバイクで台湾らしく2ケツで行く。
キャンプ場で食べたかったので、外帯(テイクアウト)にする。
鶏腿飯(ジートィファン)と牛肉盒飯(ニュィロウハーファン:牛肉弁当)それと昼間食べておいしかった台湾ソーセージ。
正確には小米酒香腸という物だが、微妙にお酒の風味があってうまい。
それともちろんビールも購入。
小さい売店なのでビールないかと思ったらありました。
どれも激うまだった。
牛肉盒飯が特盛り以上の激盛りで、とてもじゃないが食べ切れなかった。

このキャンプ場は渓谷の音が結構うるさいが、自然の音は気にならないものだ。
夜に使った冷水のシャワーは、この辺の涼しさには結構きつかった。

本日の走行距離:約190km
うちワインディング約170km
 

台湾一周バイクツーリング【14日目:9月7日】へ続く

-台湾一周ツーリング, 旅日記


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

台湾一周バイクツーリング【3日目:8月27日】

  目次1 朝から熱中症2 2日目にして雨天走行 朝から熱中症 朝、ホテルの前に路駐しておいたバイクが不安だったが何の問…

台湾一周バイクツーリング【1日目:8月25日】

  いよいよ出発日。ロングツーリングも海外旅行も久しぶりなのでテンション上がる。 尚、本紀行文は2011年の物なので、…

台湾一周バイクツーリング【10日目:9月3日】

  目次1 墾丁出発2 温泉付きキャンプ場発見 墾丁出発 当初の予定では本日台北に着かなければならなかった日。 しかし航…

台湾一周バイクツーリング【27日目:9月20日】

  目次1 旅もあと一日2 これで最後の士林夜市 旅もあと一日   台湾27日目。 思えばずいぶん長い期間だった。 明日…

台湾一周バイクツーリング【9日目:9月2日】

  目次1 墾丁青年活動中心より引っ越し2 ようやく台湾初キャンプ3 ホテルのラウンジでビール4 初の夜に人が大勢いる墾…

台湾一周バイクツーリング【準備計画編 Part1】

  いつか外国をバイクで走ってみたい。 16歳からバイクに乗って早20年余・・そんな思いをずっと抱いていた。 でも思っ…

台湾一周バイクツーリング【15日目:9月8日】

  目次1 台北まであとわずか2 大事件発生!3 どこにもいないY氏4 長い夜の始まり 台北まであとわずか   もう台北…

台湾一周バイクツーリング【12日目:9月5日】

  目次1 キャンプ場出発2 台湾初電車3 南澳駅前でまったり4 台湾一うまいワンタン屋? キャンプ場出発 旅12日目。 つい…