台湾一周ツーリング 旅日記

台湾一周バイクツーリング【16日目:9月9日】

2017年11月29日  

 

長い夜

 
0時を回り日付が変わった。
駅前の植え込みの所に座ってウトウトしていた。
台北駅の構内は扉が閉められ、既に入れなくなっている。
この時間になると、さすがに歩いている人がいなくなってきた。
ホームレスがウロウロしていてるのみ。
ホームレスは駅周辺に数十人はいる感じ。意外に多い。

もう1時半を過ぎた。
はっきりいって眠れない。
すると一人のホームレスが近寄ってきた。
やばいか?と思ったが、何かと思えば「タバコくれ」だと。
台湾語のようでほとんど言葉はわからなかったが、ジェスチャーでわかった。
ポケットに隠してあるオピネル(キャンプ用ナイフ)で闘う準備をしてた。
闘っちゃったらニュースになる所だった。
タバコを1本あげて立ち去っていただく。
酔っ払って叫んでるホームレスも出現。
危ない感じではないが、軽くからまれたので面倒臭くなってくる。
着替えもしてないのでかなり汚い。
昼間は汗だくになってるので、酸っぱい匂いも放出してる感じ。
お店に入るのもためらわれる状態だが、もうどうでもよくなりマックへ避難する事にする。
台北駅から看板が見える近くのマックへ。
台北駅北側の長安西路の交差点の所にあるマックへ行く。
しかし清掃中で2階席が閉鎖中。
1階には席は数席しかない。
もしかして客の夜明かし防止対策?
マックのすぐ近くにネットカフェ発見。
しかし結構いい値段したのでやめておく(覚えてないが300元前後だったかと)台北駅そばの歩道橋で辺りを見回すと、駅南側にもマックの看板発見。
電脳関係のビル”NOVA”のすぐそばにあった。
こちらは席がたくさんある。
ちょうどいい機会なのでCMで見たダブルフィレオフィッシュを食べる。
フィレオフィッシュ好きとしては見逃せない。
食べた感想は、ダブルだな・・。
別にダブルでなくてもいいかなという感じ。
味は日本のとまったく同じだった。


コーラもでかい。
普通サイズが日本のLサイズ。
台湾は食べ物、飲み物がとにかくでかい。
マックにはダブルバーガーの更に上の「トリプルバーガー」がある位。
町によくあるジュース屋のジュースもでかい。
カキ氷もでかい。
コンビニ弁当はサイズはでかくないが、重い。
日本よりは量がある。
町でよく見る、なんとか飯とかも結構な量がある。
台湾人はどんだけ食べるんだと思った。
きっと皆、胃腸が丈夫。

腹もいっぱいになったので、自分も他の客に習って寝るとするか。
まわりの客はテーブルに突っ伏して皆寝ている。
しかし寒い!冷房効きすぎで寒くて寝られない。
寝ている人たちは皆上着着用している。
しかし疲れていた為、30分位はウトウトしていた。
しかし寒さが限界になり、3時位に店を出る。

まさかの職務質問

 
また台北駅に戻り、さっきとは違うホームレスの少ない場所でウトウトする。すると今度はすぐそばにバイクの音がして、自分の方に近づいてきた。
目を開けるとなんと警察官。
向こうにいるホームレスは放置なのに、なぜか自分に職務質問。

警官:「X○△X○△X○△」台湾語なのでわからず。
自分:「台湾語はわからない」
警官:「中国語はわかるか?」中国語に変わる
自分:「少しわかります」
警官:「君は外国人か?どこの人だ?」
自分:「日本人です」
警官:「ここで何をしている?」
自分:「宿がないので寝てました」
警官:「宿がない?なぜ?」
自分:「台湾をバイクで一周して昨夜台北に到着したが、ホテルを取ってない。友達とはぐれたので会う必要がある」
警官:「友達?どうするんだ?」
自分:「明日レンタルバイクを返却するので多分店で会える」
警官:「そうか。わかった、気をつけて」

という感じで警官は去って行った。
職務質問自体、人生初だ。

東の空が白んできた。まもなく夜が明ける。
台北に新しい朝が来た。希望の朝だ。
閉まっていた台北駅構内の扉も開いていた。
まだ人影もあまりない早朝の駅構内のコインロッカーへ向かう。
パスワード方式のコインロッカーだった。


荷物を引き上げ駅構内のセブンイレブンへ。
そこでこんなものを購入。
台湾映画「モンガに散る」のロケマップ。
台北を舞台にした青春(?)ヤクザ映なのだがラストが泣けるのだ。

なかなか会えないY氏

 
レンタルバイク屋は8:30に開店する。
Y氏の性格上、ラッシュ時の台北を走る事は考えられないので、ラッシュを避け朝早く来る可能性を考え、自分も早めに店に行く事にする。
駐輪場へ行きバイクを引き上げる。
駐輪場の支払機の使い方がわからず、誰かがやるのを後ろから見ていた。
無事支払も完了し、バイク屋へ向かう。
駐輪場からバイク屋までは徒歩5分とかからないほど近い。
7:30位からバイク屋のすぐそばの歩道にバイクを止め、Y氏を待つ。

しかしバイク屋開店の8:30になったがY氏は現れない。
更に1時間ほど待つが、猛烈な暑さで熱中症になる寸前。
やばい位の暑さだった。
できればバイクは2台同時に返却したかったが、やむを得ず先に自分のバイクを返却。
バイク屋の人にY氏はもうバイクを返しに来たか確認すると、まだ来てないという。
Y氏が昨日返却してしまうという最悪な事態は避けられた。
追加料金は、本来の返却日9/3から本日9/9までの6日間で400元X6で2400元(当時レート約6500円)だった。
すっかり迷惑をかけてしまったので、チップのつもりで少し多めに渡すが、気にしないでいいからと、チップの分は受け取ってもらえなかった。

Y指現る?

 
路上で待つのは暑さの限界なので、涼しい台北駅で待つ事にする。
路上にいたらリアルに熱中症になりそう。
店の人に、Y氏が来たらメモを渡してもらうように頼んだ。
渡したメモは、
「Y氏へ 台北駅 北三出口で待つ」

台北駅へ行き、食べたかった駅弁「台鉄便当」を食べる。
たったの60元(約150円)。
結構な人が弁当を買う為に並んでいる。
食べて納得、安くてうまいから。


現在11:30。
バイクを返却して2時間ほど経過したが、Y氏台北駅に現れず。
台湾の友達とも、まめにメールで連絡をとっていた。
友達はなかなか現れないY氏を心配し、警察に連絡した方がいいのでは?とまで言い出していた。

12:30。
さらに1時間経過したがまだ現れず。ラッシュを避けるにしても遅い気がする。
彼とはぐれた場所の九分(ニンベンに分)からだって台北まで3時間もかからない距離だ。
まさかほんとに事故にでもあったか?

再度バイク屋まで行ってみるが、Y氏はまだ店に来てないとの事。
すると・・・なんとまさに今、Y氏がバイク屋に到着!嘘のような偶然。
ほんとに都合のいいドラマのようだ。
とにかく無事でよかった。
とりあえず再会を喜び合うのは後にして、まずレンタル代の清算。
Y氏は墾丁で転倒しているので、少し(と言うかかなり)傷がついている。
修理代は払いますと言ったが、いらないと言われた。
最後まで親切にしてもらった。

涼しい台北駅に戻り再会を祝福。
聞けば彼は九分(ニンベンに分)に行くという事すら把握しておらず、はぐれた後途方にくれたとの事。
テレサテンのお墓に行くというのは覚えていたので、地球の歩き方を見て行ってみたそうだ。
自分は発見できなかったテレサテンのお墓だったが、彼はまん前まで行っていいた。
そこで30分ほど待ったそうだが、諦めて出発し台北に向ったという事だ。
台北に向かう途中に台湾最北端の富貴燈台なんかも見て回り、なんだか満喫しているようだった。
自分はY氏捜索で存在すら忘れていた所、台湾最北端。
かなりいい場所だったそうだ。

昨日はどこて寝たのか聞いてみると、新北投温泉で野宿をしたそうだ。
なんと、偶然にも二人とも台湾での野宿達成。
やはり帰りの飛行機に関してはまるで把握してなかったようで、エバー航空に電話をして、日にちと時間がわかったとの事。
やっぱり把握してなかったか・・・
ん??エバー航空に電話って、どうやって?
Y氏はIPHONEも持ってないのに。
公衆電話で国際電話できるんだ?と思い、「どうやってかけたの?」と聞くと、「0発信で・・」とぽろりと漏らす。
え、0発信?・・・・なんとY氏は新北投温泉で温泉を満喫しつつ、ホテル泊だったのだ。
しかもシングル2000元(約5400円)と、るるぶ族さえも満足するクラスのホテルだったそうだ。
何はともあれ無事だったのでOKだ。

ではそろって本日の宿を探しに行こう。
台北駅周辺には安宿が結構ある。
華陰路という字面も若干怪しい通りにある獅城大旅館へ行ってみる。
華陰路周辺は香港の裏道のようにごちゃごちゃしている。
ツインで1000元(約2700円)。
値段を考えればまあまあの部屋。
フロントのおばさんはかなり愛想良かった。

昨日ほとんど寝ていないので少々辛いが、今回台湾の友達にはレンタルバイク保証人になってもらったり、バイク屋へのレンタル延長の連絡をしてもらったりと色々世話になったので、墾丁でお土産を買ってきた。
それを渡す為18:00に台北駅で会う事になっている。

ホテルでダラダラしていたら間もなく18:00に。
台北駅へ行き、駅構内のセブンイレブンで中国語版少年マガジン発見。
数週間遅れで翻訳されて発売しているようだ。
掲載本数は日本のマガジンの半分位しか載ってなかった。

台北駅で友達と合流。
友達のおすすめの天母(ティェンムー)という所にあるお店に連れて行かれる。
天母は台北駅からは結構離れた場所で、日本人なども多く住んでいるお金持ち地帯らしい。
「P.S. BUBU」というお店へ着いた。
この店は彼女が学生時代にバイトをしていた店だそうだ。
カップル御用達という感じで芸能人も結構来店するらしくサインがたくさん飾ってあった。

これまでの台湾色満点の食事とは、似ても似つかないお洒落な洋食を食べる。
ラザニア、パスタ、チキン、ケーキとどれもおいしかった。
お腹いっぱいです。
数日前に本業の仕事以外のバイト(通訳)でかなり稼いだという事で、全部台湾の友達の驕り。
お金を払わせてくれなかった。
お礼のお土産を渡すだけのはずが、また世話になってしまう。
自分の眠気もそろそろ限界という所で、タクシーでホテルへ帰還。
 

台湾一周バイクツーリング【17日目:9月10日】へ続く

-台湾一周ツーリング, 旅日記


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

台湾一周バイクツーリング【14日目:9月7日】

  目次1 2週間経過2 ワイルドな台湾の野渓温泉「文山温泉」3 朝飯に誘われる4 恐怖の清水断崖付近ロード5 宜蘭到着 2週…

台湾一周バイクツーリング【8日目:9月1日】

  目次1 二日酔いでダウン2 馬拉桑(マラサン)発見 二日酔いでダウン 本日二日酔い。昨日路上で高粱酒を1本空けてしま…

台湾一周バイクツーリング【6日目:8月30日】

  目次1 台南出発2 まるで災害現場3 遥か遠い墾丁4 墾丁到着5 台湾初キャンプならず 台南出発 朝、台風一過とは程遠い…

台湾一周バイクツーリング【17日目:9月10日】

  目次1 帰国予定日?2 台北で登山?3 台北街散歩4 台北地下街ダンジョン 帰国予定日?   本日午後の飛行機で日本…

台湾一周バイクツーリング【13日目:9月6日】

  目次1 台湾国道最高地点へ2 ロングロングワイディングロード3 噂通りのものすごい急坂4 ようやく台湾国道最高地点到…

台湾一周バイクツーリング【26日目:9月19日】

  目次1 明後日が帰国日2 家楽福へ3 めちゃめちゃうまい胡椒餅4 最後のお宿は最高 明後日が帰国日   明後日の21日…

台湾一周バイクツーリング【準備計画編 Part2】

  目次1 台湾に行こうとした訳2 出発2週間前3 Tシャツ作成4 台湾のキャンプ場5 秘境に行きたい6 出発前日! 台湾に行こ…

台湾一周バイクツーリング【27日目:9月20日】

  目次1 旅もあと一日2 これで最後の士林夜市 旅もあと一日   台湾27日目。 思えばずいぶん長い期間だった。 明日…